9.28.2012

CHLOË SEVIGNY FOR OPENING CEREMONY G.H.BASS M Penny Loafer

ええ天気です。


暑いです。


でも、秋です。



それでは商品紹介です。







CHLOË SEVIGNY FOR OPENING CEREMONY
BASS M Penny Loafer

CHLOË SEVIGNY FOR OPENING CEREMONY(クロエ・セヴィニー フォー オープニング・セレモニー)から
G.H.BASS(G.H.バス)M Penny Loafer(M ペニー・ローファー)のご紹介です。
まず、CHLOË SEVIGNYとは…
1974年生まれ、アメリカはコネチカット州出身。
モデルやファッション雑誌エディターのインターン経験を経て、
1995年当時のボーイフレンドであったHarmony Korine(ハーモニ-・コリン)が
脚本を手掛けた「KIDS(キッズ)」で女優デビューを果たす。
その後も女優活動に加え、ブランドのプロデューサーや、ファッションセレブリティーとして
様々なブランドキャンペーンのイメージガールも多く努めている。
ファッションアイコンとして全世界のファッションピープルから常に注目を浴び続けている。

OPENING CEREMONYとは…
2002年にNewYorkソーホー地区でオープンした
とてもユニークなコンセプトをテーマにしたセレクトショップ。
Carol Lim(キャロル・リム)CEOと、
Humberto Leon(ウンベルト・リオン)クリエイティブディレクターによって設立されました。

従来のセレクトショップと一線を画した斬新なアイデアを取り入れ、
新しいショッピング体験をコンセプトに、
シーズン毎にテーマとなる国を1カ国決め、
「その国を代表するデザイナー」「新人デザイナー」
「歴史あるブランド」「その国独自の選び抜かれた製品」の4つの切り口で商品展開し、
一つのショップで様々なショッピングを楽しめる空間を創っています。
オリジナルの製品、コラボレーション製品も展開しているショップです。

今回のCHLOË SEVIGNY FOR OPENING CEREMONYは、
上記に記す、ニューヨークをベースとするセレクトSHOP"OPENING CEREMONY"と
"CHLOË SEVIGNY"が手掛けたコレクション。
CHLOËとOPENING CEREMONYとのコラボレーション企画であり、
その自然な導きはCHLOËのメンズウェアに対する嗜好を脚色し、
彼女らしいスタイルとして確立されている。
特徴は、そのサイズ感が男性、女性どちらでも着用可能であることだ。
そのラインはクロエ自身が最も影響を受けた英国ユース・サブカルチャーや、
80年代、彼女の出身地でもあるアメリカのニューイングランドでの青春期からインスピレーションを得ている。

と言ったコラボ企画と、
今回ご紹介のシューズは、
G.H.BASSのM Penny Loaferを使ったモノで、
その素材のブランド、
G.H.Bassとは…
1876年、メイン州ウィルトンの皮なめし工場のオーナーGeorge Henry Bass(ジョージ・ヘンリー・バス)氏が
地元の靴メーカーEP Packard & Coの株式を購入し革靴を作り始めたことからG.H.BASSの歴史は始まる。
世界でも最初期にローファーを制作した会社。
1936年にはノルウェーモカシンをヒントにペニーローファーの元祖と言われるWeejunsが発売され、
大人気を博し、60年代にはアイビールックの足元を飾るアイテムとして脚光を浴びた。
創業から100年以上たった現在も創業当時のポリシーである可能なかぎり最高の靴を製作するという
ポリシーを守ったままアメリカンカジュアルなシューズメーカーであり続けている。

かなりブランド説明文が長くなってしまいましたが、
見た目的にもかなりカッコ良いペニーローファーではないでしょうか?
ブラウン×ワインレッドのパテントレザーの切り替えは、
同系色でありながら少し違う色目で、
ローファーでこの素材、この色目はお好きな方も多いかなぁと思いますが、
ブラウンはブラウン、ワインレッドはワインレッドと単一色のローファーはありますが、
ブラウン×ワインレッドの切り替えの配色はありそうで無い色味が、
触手を動かされます。

デニムスタイルには勿論、
スーツ等に合わせて頂いても良いですし、
スタイルやシーンを選ばず、
本当に万能に合わせて頂けると思います。

ワイズが少し細身に出来ておりますので、
足が細くて少し大きめな方。
是非おすすめです!


size 9
color BROWN × BURGUNDY
price ¥12,390- SOLD ありがとうございました。

No comments:

Post a Comment