1.13.2013

MISSIONWORKSHOP The Shed "Special Limited Edition" / Roll Top Messenger Bag (L)

耳の上の部分を帽子に被せると

耳寒くないです。



それでは商品紹介です。








MISSIONWORKSHOP
The Shed "Special Limited Edition" / Roll Top Messenger Bag (L)

MISSIONWORKSHOP(ミッションワークショップ)のShed(シェッド)、
メッセンジャーバッグのLサイズのご紹介です。
コチラの商品はSpecial Limited Editionという事で、
本国アメリカはサンフランシスコへ買い付けへ行っている当店だから取り扱える限定商品で、
本国のホームページは勿論掲載されていない、
20個のみ生産されたリミテッド商品でございます。
この生地のこの色目自体はバックパックは使われてますが、
メッセンジャーバックでは無かった生地になります。

何度もご紹介させて頂いており、
内容が重複になってしまいますが、
まずMISSIONWORKSHOPとは…
元CHROME(クローム)のメンバーが、
自転車を移動手段として生活をしている人達に対し特別便利なバッグを作るため、
いかに良いモノを作れるかという点にフォーカスを当てたバッグブランドを
サンフランシスコにあるMISSION DISTRICT(ミッション地区)で設立。

ニューヨークのブルックリンとサンフランシスコのミッション。
この2つの街はアーバンバイクシーンのハブ的な街となっていて、
バイクカルチャーを含め様々なカルチャーシーンが入り混じる刺激的な街で、
お洒落なレストランやバーがあり、アーティストも集まる、それがMISSION。
彼等はそこに会社があるという事の意味と「MISSION」という言葉が持つ
もう一つの意味合い「新しいバッグを提案して行こう」という
ミッション(使命)という意味合いでその場所に拘りオフィス兼ショップを設立させた。

コンセプトは、洗練された形を作ること。
そして機能的でなければならないこと。
見た目を重視して、実際に意味の無い機能を付ける事はせず、
余計なものを極力そぎ落としシンプルにすること。
Bikeのライディング中でもBikeから降りている時でも使えるバッグであり、
毎日使えて1日中活躍出来るバッグであること。

彼等は15年以上ビジネスをしてきた経験のある
彼等の思う最高の工場で、全てアメリカ製に拘りを持つ。
made in USAだから出来るディテールや風合いを、
大量生産では出来ないクオリティやディテールを求めたからです。
我々は数を作りたいのではなく、いいものを作りたい。
と言った拘りと新しい感覚を併せ持ったブランドである。

コチラのブランド、実際僕達も使い、
置きたい、お客さんに見て頂きたい。
手に取って頂き、このブランドの良さを見て欲しいと思う一心で、
取り扱わせて頂いているブランドで、
様々なバッグを見て触って背負った中でも、
本当に僕は最高のバッグだと自信を持って言えるMISSIONWORKSHOP。

シンプルなデザインですが、機能性は凄く、
バッグのフラップ部分をロールアップして容量を変える事が出来、
下ろして持って頂いても、ロールアップして頂いても良いデザインとなっております。

ジップには止水ジップを使っており、
防水になっている為、雨の日にでも気にせずガンガン使用して頂けます。
止水ジップの中にもジップでポケットが付いております。

フロント部分のフラップポケットには、
自転車用のU字ロックが丁度入るポケットが2つ付いていて、
ロック以外にもすぐに取り出したいモノ何かを入れておくのに便利です。
収納も多く本当に多機能で使いやすバッグになります。

色目はバックパックでは人気カラーのデジタルカモのベージュベース、
サンドカモでストラップ部分がブラックになっております。
サンドカモに、バックルのブラックがミリタリーっぽいカラーで、
凄くバランスの良い配色となっております。

良いバッグ探してるんやけどなかなか見つからへんと言った方にも、
本当にオススメのバッグです。

その他MISSIONWORKSHOPの商品でLimited等、
日本未入荷の商品やその他色目やサイズもございます。
他にメッセンジャーバッグもございます。
本当に間違いないバッグ、MISSIONWORKSHOP是非いかがでしょうか?


Normal Compartment-

Rolltop Compartment-


size Shed(L)
color Digi Camo - Universal × BLACK
price ¥27,090- SOLD ありがとうございました。

No comments:

Post a Comment