3.02.2013

patagonia CLassic Retro-X Vest

昨日までの暖かさとは一転して、
今日はめちゃくちゃ寒いですね。

寒暖の差で体調崩さぬ様、
くれぐれもお気を付け下さいませ。



それでは商品紹介です。









patagonia
CLassic Retro-X Vest

patagonia(パタゴニア)からCLassic Retro-X Vest(クラシック レトロ-エックス ベスト)のご紹介です。
patagoniaは当ブログでも何度かご紹介させて頂いているブランドで、
皆様ご存知の説明不要のブランドですが、
patagoniaとは・・・
1957年、創設者のYvon Chouinard(イヴォン・シュイナード)がカリフォルニアの自宅裏庭で
ロッククライミング用具のハーケンを鍛造したが始まり。
そして、1965年にYvon ChouinardとTom Frost(トム・フロスト)の2人で、
”Chouinard Equipment(シュイナード・イクイップメント)”としてスタートする。

1973年より本格的にウェアの扱いを始め、その時正式に”patagonia”というブランドになる。
オーガニックコットンやペットボトルの再利用から生まれたフリースなど、
環境問題に積極的に取り組み環境保護活動にも力を入れているアウトドアブランドです。

と言ったブランドで、
コチラはpatagoniaの中でも人気の定番商品になる、
CLassic Retro-X Vestになります。

Classic Retro-X Vestは、
厚手のポリエステル・パイル(リサイクル・ポリエステル86%)と吸湿発散性のある起毛メッシュのあいだに、
防風性バリヤーを挟んでいる事によって、
フリースの弱点でもある、
冷気の侵入を防いでくれる事で体をしっかり保温してくれる様になっております。

サプレックス・ナイロン素材のチンフラップはあごへのあたりが快適で、
サイドポケットは起毛ポリエステル・メッシュの裏地付きになっていたり、
縦型ジッパー式チェストポケットは小物の収納に便利です。

真冬の寒さの厳しいシーズンはアウター等のシェルの内側に着るミッドウェアとして活用頂けますし、
少し暖かいシーズンはアウターとしてお使い頂けますので、
シーズン的には長く着用して頂けるモデルとなっております。

本当にpatagoniaと言えばRetro-Xと言う位定番の商品で、
セレクトショップから古着屋さんまで、
ショップ店員さんの中でも人気のある商品です。

patagoniaの商品全般に言える事ですが、
定番商品については商品自体のデザイン等はあまり変わりませんが、
シーズン毎にカラー変更される為、
それぞれ好みのカラーがあるのも、
このブランドの特徴でもあります。

ちなみにこのシーズンのカラーで言うと、
このOLIVEカラーはかなり好配色で、
僕個人的にはミリタリーっぽいこのシーズンのカラーは、
ホントめちゃくちゃ好みな配色です。

コレからのスタイリングとしては、
シャツの上に羽織って頂いて、
パンツはデニムパンツやチノを合わせて頂いて、
裾をクルクルっとロールアップして頂く様なイメージが春っぽくて良いかなぁと思います。

1枚持っていると、
少し寒い日なんかは自宅でもお使い頂けますし、
本当末永〜くお使い頂けるアイテムだと思います。

是非この機会にいかがでしょうか?

size XS
color OLIVE
price ¥18,690-

No comments:

Post a Comment