6.20.2013

STUSSY Herringbone Utility Pant

雨止みませんね。

困りますね。


それでは商品紹介です。





STUSSY
Herringbone Utility Pant

STUSSY(ステューシー)から
Herringbone Utility Pant(ヘリンボーン ユーティリティー パンツ)のご紹介です。
STUSSYと言えば誰もが知っているブランド。
ですが、一応簡単にブランド説明を・・・
Shawn Stussy(ショーン・ステューシー)がサーフボードに用いていたロゴを
Tシャツにプリントして仲間に作った所から始まったサーフ&アパレルブランド。
1980年、南カリフォルニアのラグナ・ビーチを拠点にし、
当初はレゲーミュージシャンやスケーター、
ヒップホップミュージシャンやDJが好んで買っていたサーフブランド。
と言ったブランドです。

最近ストリートがまた注目されており、
SUPREME等のストリートブランドや今回ご紹介のSTUSSY等のブランドが、
次々と様々なブランドとのコラボアイテムをリリースしておりまして、
その辺りもストリートブランド再燃を後押ししている感もあるのですが、
その中でもSTUSSYは最近のコレクションLOOK BOOK等を見ていても、
少しイメージが変わってきており、
年配のモデルを起用していたり、
コンセプトも大人の方も着こなせる様なコーディネートや、
サイズ取り、シルエット等本当に商品自体もカッコ良く、
僕自身は本当に注目のブランドです。

今回ご紹介のコチラの商品は、
U.S ARMYのユーティリティーパンツをサンプリングしたタイプのモノですが、
生地感は少し古いタイプの
コットン100%で作られた年代の生地に近い感じで、
USEDの商品ですので若干洗いが掛かっていて
アタリも多少出ておりますが、
これから直要して頂ければ、
まだまだこれから良い感じの質感になっていきそうな
そんなパンツです。

以前もご紹介させて頂いた"STUSSY DELUX "SAMPLE" Herringbone Pant"でも
書かせて頂きましたが
個人的にはヘリンボーン素材は好きで、
辞書で調べると、
「ツイードのコートやジャケットによく使われる山と谷の連続する単純な柄。
英語でヘリング(魚のニシン)のボーン(骨)に似ている事からこう呼ばれる。
日本では杉模様に見立て杉綾織という。」
という様に山が重なった様なデザインの素材は、
上記に記す様に古いミリタリーアイテムなんかにも使われております。

コチラのパンツは、
STUSSYなりに解釈したミリタリーパンツのテイストで、
シルエット等は少し現代風になっており、
本当のミリタリーパンツはシルエットも太くなり、
少しズルっとしたシルエットですが、
コチラは少しシェイプされておりますので
スッキリ穿いて頂けるかなぁと思いますよ。
個人的にはズルっとも好きなんですが…笑

ネイビーカラーのヘリンボーンも
何だか嬉しい所で、
ここからの色落ちや経年変化も楽しめると思いますので、
育てていって自分だけの1本を作って頂けたらと思います。

色味もネイビーですので
スタイリング的にも合わせ易いと思います。
無地やポケット付きのTシャツ1枚でもカッコ良さそうですし、
シャツ等で合わせて頂いても良いと思います。

是非是非いかがでしょうか?


size 32
color NAVY
price ¥9,240-

No comments:

Post a Comment