10.06.2013

PUMA × UNDEFEATED CLYDE “Rip-Stop”

いやいや。
これ10月…


暑過ぎるでしょ。


それでは商品紹介です。





PUMA × UNDEFEATED
CLYDE “Rip-Stop”

PUMA(プーマ)×UNDEFEATED(アンディフィーテッド)より
CLYDE(クライド)“Rip-Stop(リップ-ストップ)”のご紹介です。

UNDEFETEDとは…
Eddie Cruz(エディー・クルーズ)が友人のJames Bond(ジェームス・ボンド)と
共に立ち上げたロサンゼルスのスニーカーショップ。

2001年9月11日。アメリカの商業・経済を象徴する世界貿易センタービルが標的にされ、
全世界に衝撃を与えたアメリカ同時多発テロ"9・11"。
それから一年後の2002年9月11日、
"UNDEFEATED=俺たちは絶対に負けない、いかなる脅威にも屈しない"という強いスローガンのもと、
アメリカ ロサンゼルスにアンディフィーテッドをオープンさせる。

ブランドのロゴマークである5本線は"ファイヴ ストライクス"と呼ばれ、
比喩表現で「勝利」という意味を含みUNDEFEATEDというブランドのアイデンティを表現している。

2005年にオリジナルアパレルラインUNDEFEATEDがスタート。
"PLAY DIRTY"をキーワードに、
アメリカンカジュアルやスポーツの要素が反映されたプロダクトを数多く展開。
アメリカ4大スポーツ(野球、アメリカンフットボール、バスケットボール、アイスホッケー)
に対する思い入れが強く、
それらがコラボレーションを行うブランドやデザインに反映される事も多数ある。
その他にもボクシングやモータースポーツ(ガンボール3000)など、
スポーツ以外にも造詣が深く、プロダクトへの表現は多岐に渡る。

と言ったブランドです。
そして、ベースとなるのはPUMAのCLYDE。
こちらは、
1973年、当時NBAの強豪チームであったNEW YORK KNICKSで脚光を浴び、
コート外でも独自のファッションセンスで当時のファッション誌の表紙を飾る等、
多くのファンを魅了した往年の名プレーヤー「WALT FRAZIER(ウォルト フレイジャー)」
のシグネチャーモデルとして発売されたクラシックコートの名作CLYDE。

モデル名の由来はWALT FRAZIERの愛称であったCLYDEから付けられており、
契約終了後にも継続生産され、
当時、品番のみでモデル名すら無かったこのスウェードモデルが、
PUMA SUEDE(プーマスウェード)と呼ばれるようになる等、
PUMAのクラシックコートモデルの礎を築いたモデル。
をベースとしております。

また、80年代のオールドスクールヒップホップシーンや
スケートシーンといったサブカルチャーにも多大な影響を与えた定番モデルで、
今もなおデットストックのオリジナルがコアなヴィンテージファンから熱狂的な支持を得ています。
と言ったプーマと言えばコレと言えるモデルでのコラボ商品で御座います。

コチラはそのCLYDEのスペシャルモデルで、
アッパー部分にはモデル名でもあるリップストップナイロンを使用。
サイドパネルに取り付けられるフォームストライプ(プーマライン)にはレザーを採用。
更にライニング(履き口)、インソール、シュータンのライナー部分にもレザーを使用する事で
既存のCLYDEとは違う特別な仕様になっている辺りもグっときます。

アッパー、シュータンのレザーラベルには、
UNDEFEATEDのロゴが刻印され、
サイドパネルにはPUMAロゴとと筆記体CLYDEがプリントされております。

クラシックな部分を残しながら、
シンプルで上品なデザインとなっております。
レザー部分も凄く上質なレザーを使っておりますので、
ストリートに履きこなして頂いても良いですし、
綺麗めなスタイリングにも合わせて頂けますので、
非常に幅広く合わせて頂けると思います。

なかなか探すと見つからないモデルです。
是非いかがでしょうか?


size 9(27cm)
color BLACK
price ¥9,240-


⇒ " PUMA × UNDEFEATED CLYDE “Rip-Stop” "はコチラでご購入頂けます。

⇒ その他の商品はNICE des Clothing Online Storeでご覧頂けます。

No comments:

Post a Comment